2017.01.10

元メジャースカウトが危惧する
大谷翔平「30歳のピッチング」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 小島は、今の大谷が抱える3つのポイントを不安視している。それが彼のピッチャーとしての未来を不透明にしているのだという。

「1つ目は、一昨年、彼の体つきが野手になりかけたことです。ユニフォームの中から感じられる筋肉のハリがピッチャーのそれじゃなかった。上半身が重くなってきた感じがしたんです。でも去年、そのバランスは少し戻ってきたようにも感じました。下半身が大きくなったのか、上半身のウエイトトレーニングを減らしたのか、そこはわかりませんけど、上半身をあまり大きくしすぎると、ピッチャーは綺麗なキャッチボールができなくなる。グッデンのようなしなやかさ、柔らかさが失われますからね」

 もし大谷がドジャースを選んでいれば、ピッチャーとして育てられていた。その際、重視されるのはケガをしないための体とフォームを作り上げること。その点でも、今の大谷には不安があるのだと小島は言う。

「2つ目の問題はテイクバックなんです。高校1年のときの大谷くんは、ボールを持った右腕が柔らかく、ゆっくりとしなやかに上がってきた。でも高校時代、彼は163キロを目標にしてテイクバックを変えました。指導されたのか、自分で変えたのかはわかりません。でも、速い球を投げるためにテイクバックを鋭く、コンパクトにした。そこに正しいとか間違っているという答えはありませんが、ひとつ言えるのは、ピッチャーというのは、速い球を投げるのが目的ではないということです。大谷くんの右腕には天性の柔らかさがあったのに、カクン、カクンとサイボーグのような感じで使うようになった。たぐいまれな柔軟性に助けられてはいますけど、要は今の彼は筋力で投げているんです。だから僕の中では、上と下が連動せず、下が早く動いちゃっているように見える。上半身、とくに肩、ヒジに力の分配が行き過ぎているんです。そこは今もそのままです」