2016.12.23

元Aクラス請負人・久本祐一が目指す
「現役選手みたいな打撃投手」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • 祐實知明●撮影 photo by Sukezane Tomoaki

── その広島は久本さんが加入してから強くなり、マエケンもCS圏内の緊張感のなかで、素晴らしいピッチングを見せるようになります。久本さんが何か魔法をかけたのでしょうか。

久本 そんなことはないです(笑)。でも、ひとつ印象的な出来事がありました。移籍1年目の浦添で行なわれたヤクルトとのオープン戦で、相手チームのバッティング練習が終わってグラウンドチェンジするじゃないですか。その時にカープ投手陣が、バッティング練習で使っていたボールを手に取って、そのままキャッチボールを始めたことがあったんです。てっきり最初は”みんなボールを忘れたのかな?”と思ったんですけど、聞いてみるとそれが普通みたいで”あれ?”と思って。

── それって、何かマズイことがあるんでしょうか。

久本 だって、打撃練習で散々打ったボールなんてキズがついてるじゃないですか。歪んでるじゃないですか。ピッチング練習が終わったボールならまだキレイですけど、1日の始まりであるキャッチボールは、たとえニューボールでなくても、キレイ目なものを使用するのが当たり前なのに、そういうボールでやっちゃう意識がダメですよ。そんなところも低迷している理由のひとつなのかと感じて、すぐその場にいた投手陣に「絶対に間違っている!」と言いました。