2016.12.23

元Aクラス請負人・久本祐一が目指す
「現役選手みたいな打撃投手」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • 祐實知明●撮影 photo by Sukezane Tomoaki

── 中日時代は4度の優勝を果たした落合監督時代をはじめ、常勝球団ともいえるチームでプレーしました。ところが、2013年に移籍した広島は前年まで低迷していましたね。

久本 でも、僕が最初に広島にきたとき、すぐに”けっして弱いチームじゃない”と思いましたよ。質の高い選手が大勢いると感じましたから。ただ先発が崩れてから、次に投げる第2先発みたいなピッチャーが弱いのかなとは思いました。第2先発がたくさん点を取られてしまうと、そこで試合が終わってしまう。そういう役割を誰かがしないといけないし、それは僕でもいいのかなと。

── 質の高い選手が多いにもかかわらず、当時のカープがBクラスに沈んでいたのは、どこに原因があったのでしょうか。

久本 僕が在籍した中日時代に比べて”絶対に点を取られないぞ!”という強い気持ちを持ったピッチャーが当時の広島には少ない気がしました。マエケン(前田健太)にしても、当時はまだどこかに”下位のチームでエースになっても……”みたいな気持ちがあったんじゃないかな。

── 前田投手は当時からエースとして活躍していましたが、その後の姿とはちょっと違っていたわけですね。

久本 いくら彼がすごい投手といっても、やっぱり緊張感のある、優勝争いに絡んだプレッシャーのなかで常に投げないといけなかったんだと思います。弱いチームでガキ大将になっても仕方ないじゃないですか。