2016.12.09

2017新人王にロッテ1位・佐々木千隼が
最有力である2つの根拠

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 佐々木が大学で大きな成長を遂げた理由。それは桜美林大の特別コーチを務める野村弘樹氏(元横浜)の存在が大きい。ドラフト会議当日、野村氏に佐々木への指導について聞く機会があった。その際、野村氏はこう話していた。

「佐々木を初めて見たとき、すごいインステップで投げていたんです。これではコントロールがブレてしまう。そこでステップから直して、体重移動を指導していきました。少し言ったことでも、すぐに対応できてしまう。すごく吸収力が高い選手でした」

 佐々木も野村氏に指導を受けた変化をこのように語っている。

「体の使い方が下手だったので、それを野村さんに『こういう風に動くといいよ』と教わりました。特に体重移動と、体の開き。スピードはそこそこ出ていたんですけど、バッターにとってそれほど速く感じないボールでした。真っすぐの質はだいぶ変わったと思います」

 そして、佐々木が新人王に近いと感じるもうひとつの根拠。それは、佐々木の骨の髄まで染みついている「反骨精神」にある。

 佐々木は「都立高校出身者初のドラフト1位」ということで話題になった。近年は都立高校もレベルアップしているとはいえ、将来有望な選手は強豪私学に流れがちだ。そんななか、佐々木は都立日野高で腕を磨き、3年夏の西東京大会ではエースとして早稲田実、日大鶴ヶ丘と名門私学を撃破している。

 また、進学先の桜美林大も準硬式野球部だったのが、2008年秋から硬式野球部となった新興勢力だった。首都大学リーグでは東海大、日本体育大、筑波大といった名門を相手に戦ってきた。