2016.11.12

阪神はドラフト3位の「超素材型右腕」
才木浩人をビッグにできるか

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 それからわずか4年――高校入学時は「120キロぐらいだった」という球速は右肩上がりにスピードを増し続け、最速146キロにまで伸ばした。

「プロでしっかり鍛えてもらえば、近い将来、150キロ半ばはいくんじゃないでしょうか」

 そう語る中尾修監督との出会いが、才木を大きく変えた。入学して間もない頃、素材を見込んだ中尾監督は才木にこう言った。

「打者が本当に打ちづらいのはキレのあるストレート。これをとにかく磨け!」

 この言葉に才木のスイッチが入った。公立高校とはいえ、黒土が映える広々としたグラウンドで黙々と練習を続け、家でもテレビを見ながら腹筋、背筋を中心とした体幹を徹底的に強化。すると投球フォームが安定し、球速も急激に上がっていった。

 じつは、才木の母は大学時代にハンドボールで日本一になった経験を持つ。超大型ながらバランス感覚のよさ、肩回りの柔らかさはそのDNAをしっかりと受け継いだのだろう。また、その素材に加え、才木の上達を早めているのが向上心と理解力だ。家ではプロ野球選手の動画を熱心に見るという才木だが、たとえば大谷のフォームについて感想を尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「大谷投手は投げるときの最大外旋が特長で、柔らかさに強さがあるからあれだけのボールが投げられるんです」

 野球関連の書籍も定期的に読んでいるといい、こちらも感想を聞いてみると......。

「工藤(公康)監督の本を読んで、長期だけでなく、中期、短期の目標を立てる大切さを知りました。イチロー選手の本では準備の大切さ、野村(克也)監督の本では戦術や野球の深さを知りました」