2016.11.04

歓喜と悔しさを詳細にたどる、
大谷翔平の「日本シリーズ8日間」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

■10月28日(移動日)

 チームは午後に空路で再び敵地・広島に舞い戻った。

「マツダスタジアムのマウンドのイメージはもうできています。何度やってもダメというのは、ピッチャーとしてどうかと思うので……。ビジターで勝つことが日本一になるためには絶対に必要ですから」

 珍しく強い口調で万全を強調した大谷。翌29日の先発登板へ決意を語ったが、広島にギリギリまで惑わせるための周到な煙幕だった。この日は空港から宿舎へと移動し、マツダスタジアムで体を動かすこともなく、休養にあてた。