2016.11.02

高校時代に放った大ファウルに
西川遥輝のスラッガーの資質を見た

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 2年夏も県大会前に左手の舟状骨(しゅうじょうこつ/親指下の手首近くにある骨)を亀裂骨折。このときも、打席での衝撃を和らげるためにテーピングを重ね巻きし、その上に手首と手のひらをカバーする特殊サポーターを着けてグラウンドに立った。打席では、明らかに手をかばった打ち方や途中でスイングを止める場面もあったが、チャンスになれば高い集中力を発揮し、衝撃がもっとも少ない"芯"に当てて力を見せた。

 当時、「無理をさせないほうが......」という声は周りからあったが、高嶋監督にそのつもりはなかった。

「これまでも指が折れて試合に出た選手はほかにもおりました。経験から言うと、指だけなら2本までは大丈夫。さすがに3本はあかんけど(笑)。遥輝は打つことはできんでも、守りと足がある。骨は弱いけど、ああ見えて根性は持っとるんです」

 談笑の場での高嶋流の言い回しも混じってのコメントではあったが、高嶋の求めに応じられる心の強さ。甘いマスクに隠された、西川の本質を知るには十分なエピソードだ。

 西川自身も「甲子園って痛みを忘れさせてくれるんです」と話していたが、故障を抱えながら出場を続けているうちに、美しいスイングから放たれる持ち前の打球の伸びが消えていったように思えた。

 当然、スカウトの評価も停滞、もしくは右肩下がりの印象を受けた。ドラフト直前の雰囲気は「よくて3位、いや4位......」だった。ところが、日本ハムが2位で指名。のちに、当時の日本ハムの関西担当スカウトに聞くと、驚きの表情でこう言った。