2016.10.30

選手を信じ、選手が応える。
野球の神様に愛された「栗山野球」の真髄

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Daisuke

 3戦目も広島先発の黒田博樹に苦しみ、終盤まで1点のビハインドを背負う苦しい展開だった。それでも8回に4番・中田翔のタイムリーで逆転に成功。9回に一度は同点にされるも、最後は大谷のサヨナラ安打でようやく1勝を手にした。

 その試合後、タイムリーを放った中田について、栗山監督はこうコメントした。

「オレのなかの感覚だけど、どんな投手がきても絶対に打てる可能性をいつも感じさせてくれる選手。調子が悪くてもバットを振るし、その可能性が高くないとチームを背負えないので。もちろん、(大谷)翔平もいい打者だけど、オレは脆さを感じている。どんな相手であっても、いつも期待できる選手でないと4番を張れない。自分だけがそう思っているだけで、間違っているかもしれないけど、オレは信じてやっている。それが、いちばん確率が高いと思っているから」

 中田は第1戦で3三振、1併殺打に倒れるなど、4番打者として精彩を欠いていた。短期決戦において、チームの顔である4番の不振は、敗戦に直結する。それでも栗山監督の中田への信頼は揺らぐことはなかった。このシリーズで栗山監督は全試合でスタメンを変えたが、6試合で唯一、不動だったのが「4番・中田」だった。

 柔軟な采配で勝つために最善を尽くす一方で、信念は貫く。第5戦でサヨナラ満塁本塁打を放った西川遥輝の起用にも、指揮官の思いが詰まっていた。