2016.10.21

日ハム3位指名の豪腕・高良一輝。
超絶スピンはプロで炸裂するか?

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki


 練習量の多さで定評のある九産大進学後に、「高校時代の方がきつかったので、苦にはなりませんでした」という心の余裕を保つことができたことも、大学球界で開花した大きな要因となったかもしれない。

 大学2年、3年シーズンの無敵ぶりと4年春先のソフトバンク戦で見せた強烈な印象によって、プロ球界側は「2位以内。1位だって十分にありえる」と加熱し、高良の登板日となれば常に担当スカウトが勢ぞろいするなど、2016年ドラフト戦線の注目投手に躍り出た。しかし、4年のシーズンはそれまでの勢いを失う苦しい日々となった。

 ソフトバンクとの交流戦直後、春のリーグ戦前に右脚内転筋を痛め、高良は戦線を離脱。そのままリーグ戦回避を余儀なくされ、リーグ優勝したチームをひとり蚊帳の外から眺めるという憂き目にあった。「自分がいればもう少しは楽に優勝できたのに......」というもどかしさの中、結局、大学選手権の登板も見送られた。

 秋の開幕を前に大久保哲也監督から「高校の最後も大学4年の春も勝ち切れていない。これが学生最後のシーズン。悔いのないように調整し、自分の力で"勝ち"を経験した上でステップアップを果たせ」と檄を飛ばされた。高良本人も秋に照準を合わせ、シーズン序盤を棒に振っただけに、最後のシーズンに賭ける意気込みは並々ならぬものがあった。