2016.10.12

食生活も充実。CS大活躍のロペスが語る
「ベイスターズで戦う喜び」

  • 寺崎江月●文 text by Terasaki Egetsu
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

──続いては守備です。ファーストを守るロペス選手のミットさばきは名手として名高いですが、守備で心掛けていることを教えてください。

「とにかく、一塁側に飛んできた打球は全部捕ってやろうというつもりで守っています。あとは他の野手からの一塁送球を捕る時に、彼らを助けたいという気持ちがありますね。難しい送球が来たとしても、僕がそれを捕ることによって彼らのミスを消すことができますから」

──横浜DeNAベイスターズの内野陣は、きっと感謝していると思いますよ。少年時代はどこを守っていたんですか。

「ショートです。メジャーリーグのデビューもショートで、翌年からセカンドも経験しました。今の僕について言えば、ファーストに限らず、いろんなポジションでノックを受けて準備しています。それぞれ見える景色が違うので、自然と体の動きも変わるし、気分転換にもなるのです」

──ミットやグローブへのこだわりは?

「(手元のファーストミットを見せながら)このミットは練習用だけど、ボールが来たら、芯の部分で勝手に吸い込んじゃうような感覚が伝わってくるものがベストですね。革は硬いよりも、柔らかいものが好みです」

──野球少年に向けて、守備面でのワンポイントアドバイスをください。

「最初の一歩目ですね。このことは外野手にも言えますが、とにかく一歩目をしっかり動くことによって、飛んできたボールに対して確実に対処できるようになりますから。そのためには、バッターの特徴によって守備位置を変えることも大事ですね」