2016.10.07

高橋尚成が占う巨人対DeNA
「慎之助と筒香、4番で勝負は決まる」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 さてCSのファーストステージは先に2勝した方がファイナルステージに駒を進められる超短期戦です。その観点から1点を確実に奪い、その1点を守り抜く野球が求められます。投手力はもちろん守備力、機動力が重要になってくるので、現状を見るかぎりホームアドバンテージも含め、巨人有利のような気がしますね。DeNAに比べて巨人の方が勝負を読む力というか、勝ち方を知っている選手が多いですから。

 そういったことから巨人が次のステージに行くためのキーマンは、ずばり阿部慎之助だと思います。今シーズン不調だった打線が、4番に慎之助が復帰したことで上昇気流に乗りました。ですから慎之助の出来ひとつでチームの流れはがらりと変わるし、CSの行方を左右する選手だといっても過言ではありません。

 チームメイトからの信頼も絶大で、今の巨人は慎之助を中心にチームは動いていると言ってもいいでしょう。また先ほども言ったように、短期間で決まる勝負であり、その雰囲気を知る経験豊富なベテランはチームにとって必要不可欠。勢いをつけるのは若手選手ですが、それをコントロールし、チームとして調和させるのがベテランの役割ですからね。

 一方DeNAのキーマンになるのは、これもまた4番の筒香でしょう。筒香が打つことでチームに流れができることはペナントで証明されています。ただ問題は、筒香はチームを引っ張るキャプテンではあるのですが、経験がまだまだ足りないということ。