2016.07.19

ヤクルト二軍若手は
突然の「一軍練習見学」で何を学んだのか?

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「試合当日にスタメンだと告げられ、最初は『えっ』と思いました。石川さんのボールはブルペンでも受けたことがなかったので......。でも、こんないい 機会はないですから。プロの世界で150勝近くしている人はどんなボールを投げるんだろうなって。実際にボールを受けてみて、投げミスというのがほとんど ありません。一球一球、意図して投げていることが強く伝わってきました。あの日は、一軍の試合も見ることができたのですが、中村(悠平)さんはジェスチャーであったり、ピッチャーへの声かけであったり、自分がなにを考えているのかをピッチャーにしっかり伝えて、ゲームを組み立てていました。自分の目標 が明確になった貴重な一日でした」

 山崎は、練習を見学してショックを受けながらも、一軍への意識がより強くなったという。山崎は春のキャンプ、オープン戦と一軍メンバーに名を連ねるも、開幕を前に二軍落ち。久しぶりに見る一軍選手たちの姿だった。

「キャ ンプでは自分のアピールに必死で、主力選手のバッティングを真剣に見る余裕がありませんでした。先日の練習見学で自分と一軍選手を比較できるチャンスがで きて、わかったのはスイングの力強さや、ボールをとらえる確率の高さが自分とは比べものにならないということでした。自分は夏に向かってスピードがどんど ん落ちているのに、雄平さんやバレンティンはキャンプのときよりスイングが速くなっていた。体力の違いにびっくりしました」