2016.06.16

元独立リーガーがドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介に託した夢

  • 阿佐智●文 text by Asa Satoshi
  • photo by Kyodo News

 爆発させるべき力を蓄えるため、行なったのは徹底的な下半身の強化だった。長坂氏が勧めたジャンプ系のトレーニングは辛くもあったが、小笠原は、それまでやったことのないそのトレーニングに真剣に向き合った。高校に進学するころには、針金のような体は、すっかりプロ予備団のそれになっていた。現在の小笠原のがっしりした下半身は、現役時代の長坂氏のそれを彷彿とさせる。

 長坂氏の指導のもと、小笠原はみるみるうちに球速を上げていった。しかし、長坂氏が指導できるのは中学生まで。NPBの経験はなくても「元プロ」とみなされる長坂氏は、高校生への指導を禁じられている。そのため「長坂塾」での指導は約2年弱で幕を閉じたが、東海大相模への進学が決まった小笠原の姿は、長坂氏の目に「プロ確実」に映った。

「だから約束したんですよ。『絶対に1位でプロに行け』って。下位指名だと、変にいじられてつぶれる可能性が高いですから……。でも上位だと大事に育てられるでしょ」

 十分な才能と実力がありながら、NPBという夢をかなえることができなかった自身の野球人生を振り返ってこその言葉だった。

 高校に入学してからも小笠原は順調に育っていった。“プロ・アマ規定”の壁があり、高校入学後は新たに教えを乞うことはながったが、頭の中には常に長坂氏の言葉があったという。ドラフト指名後、新聞記者から質問を受けた小笠原はこう言った。

「目標とするプロ野球選手は、長坂秀樹さんです」

 その聞きなれない名を耳にした記者たちは、長坂氏のもとを訪れたという。