2016.06.11

今永昇太が語る未来「三浦大輔さんの年齢以上に野球を続けたい」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by ©YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

―― 他のチームに所属したことがないので分からないと思いますが、ベテランの三浦選手や歳の近い石田投手、大学の先輩の戸柱選手がいたり、今永選手にとってDeNAはプロ生活をスタートするにあたって、非常にいいチームだったような気がします。

「たしかに、右も左も分からない世界に飛び込みましたが、相談できる人に恵まれたなと思いますね。また熊原(健人)や髙城(俊人)といった同級生も多いので、もしかしたら自分のストレス発散にもつながっているかもしれないし、あらゆる要因がすべて重なったチームのような気がします」

―― ラミレス監督も選手に対しネガティブなことを一切言わず、常にポジティブに接しています。

「負けているときも深刻な話はせず、現役時代のように気丈に振る舞い笑顔で接していただいています。我慢強く使ってもらっているので、しっかりと恩返ししたいですね。勝つことが僕らの仕事。グラウンドでプレーする選手として、ラミレス監督が求める人材になりたいと思います」

―― さて交流戦を経て、夏場に入っていきますが、この未知の領域をどう戦うかイメージはできていますか。

「大学野球は、夏場は試合がないんです。そこで駒大の大先輩である二軍の二宮(至)監督から『持久系の練習をしろ』と言われています。6月から練習の前後にランニングをやっているのですが、二宮監督によるとヤクルトの小川(泰弘)さんがルーキーのとき、試合前でも走っていたというんです。だから僕も小川さんの真似をして走り込みをしています」