2016.06.03

打撃3部門キャリアハイも。坂本勇人が語る「打撃開眼」の軌跡

  • 深海正●文 text by Fukami Tadashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 下半身の張りなどもあり、盗塁数はここまで2個と苦戦しているが、それ以外は楽に超える勢いだ。それどころか、2012年に残した打率.311、2010年の31本塁打、85打点を抜き、打撃3部門すべてでキャリアハイも視界に入っている。

「苦しい戦いが続くと思うが、プレーで引っ張っていけるようにしたいですね」

 2年ぶりのリーグ制覇へ、充実期を迎えた主将が懸命に戦う。