2016.06.02

王者ソフトバンク打線に聞いた、プロ初登板・小笠原慎之介のすごさ

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Kyodo News

 その今宮は、試合後にこう振り返った。

「見た目の印象ではもっとストレートの多いピッチャーかと思いましたが、チェンジアップもかなり投げていた。(打った打席は)頭の中にその球種を入れていたのはあります」

 小笠原はここからが見事だった。チェンジアップを狙われていると悟った中日バッテリーは、ガラリと配球を変えてきた。4回はカーブを多投して三者凡退。5回は再びチェンジアップとの組み合わせに戻す投球スタイルでソフトバンク打線に的を絞らせなかった。この5回は先述した通り、3四球で無死満塁としながら0点に終わらせたのだ。

 その場面について、和田毅が思わず唸った。

「堂々と投げていた。つい最近まで高校生とは思えない。特に3連続フォアボールから抑えてしまうのだから、たいしたものです」

 試合後、最もじっくりと話が聞けたのは内川だ。小笠原の前に2度もチャンスの場面で凡退。8回裏に逆転のキッカケとなる左翼フェンス直撃打を放ったが、「あのまま負けていれば、明日の新聞はオレが見出しに載るんだろうな」と ヒヤヒヤしていたという。

 内川対小笠原を振り返る。第1打席はインコースを2球続けて突かれて追い込まれ、チェンジアップを見送った後の4球目、外角高めの145キロで空振り三振を喫した。

「いい真っすぐだなと感じました」

 第2打席は3回裏、同点後の二死一、二塁。勢いがソフトバンクに傾きかけていた。しかし、4球目の甘いコースの真っすぐを打ち損じてショートゴロに倒れた。結果的に、これが小笠原を乗せてしまった大きな分岐点となった。