2016.06.01

セの外国人スラッガーに聞く
「なぜ山田哲人は本塁打を打てるのか?」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 エルドレッドが話してくれたことは、山田が過去に言っていた「打席での意識」と共通する部分が多く、打撃成績も高いレベルで接近している。見た目はまったく違う2人だが、じつは似たタイプの打者であると言ったら言い過ぎだろうか。

「タイプというか、打席での心構えは同じだと思います。打線の中軸を任され、自分の前に出たランナーを帰す。ただ、(練習をする選手たちを見渡して)野球は見るとわかると思うけど、ひとりひとりサイズも違うし、個性も違うし、アプローチの仕方も違う。タイプとして並べることは難しいね(笑)」(エルドレッド)

 セ・リーグを代表する”パワーヒッター”たちは、山田がホームランを打つことに驚きを見せることはなかった。「ホームランを打つ者は、ホームランを打つ者を知る」ということだろう。

 山田が2年連続で本塁打王のタイトルを獲れるかはわからない。しかし、いずれにしても日本に新しいタイプの”ホームランバッター”が誕生したことだけは間違いないようである。

関連記事