2016.05.27

オリックスの核弾頭、西野真弘が憧れの人から譲り受けた1本のバット

  • 波佐間崇晃●文 text by Hazama Takaaki
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 相手チームからの警戒も日に日に強まる中、1番打者として出場を続けている。もともと左投手を得意としていたが、5月25日のソフトバンク戦では和田毅から3打数無安打、2三振と辛酸をなめることになった。これから交流戦に入ると、対戦経験の少ない投手から打っていかねばならない。まだまだ試練は待ち構える。

 応援歌には「明日へと続く道を拓(ひら)け 前だけ見て」という一節がある。その言葉通り、西野の2シーズン目が続く。

●野球コラム一覧>


関連記事