2016.05.09

今永昇太と原樹理。遠かったプロ初勝利までの「友情秘話」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 ここで、話は少しそれるが、今永とヤクルトのルーキー・原樹理の関係について触れておきたい。ふたりは昨年のドラフト1位指名の同期で、東都大学リーグ時代、最後のシーズンの1部、2部の入れ替え戦で対戦。今永は駒澤大のエースとして、原は東洋大のエースとして、それぞれ第1戦と第3戦に先発し、それからふたりの関係は強くなったという(第1戦は今永が勝利、第3戦は原が投げ勝ち、東洋大が1部昇格)。今永は原に対して、こう語っている。

「原というピッチャーは、技術はもちろんありますが、それ以上に内に秘めている気持ちが強く印象に残っています。お互い認め合う部分がありますし、ここまで力はそんなに変わらないと思っています。アイツとは友だちですけど、すべての面で負けないようにやっていくことが、これからの成長につながると考えています。そのなかで、どれだけ勝利に執着できて、冷静になれるか。お互いを意識しながら、いい数字で競い合っていきたいですね」

 今永と足並みを揃えるように勝ち星が遠かった原だったが、5度目の登板となった5月1日の巨人戦(神宮)でようやくプロ初勝利。試合後の取材のなかで、自然と今永の名前が出てきた。

「今永も勝てていないんですけど、一生懸命投げているし、僕の登板のたびに連絡をくれるんです。勝てなかったときに『あきらめるな』みたいな……。アイツには励まされたというか、今永は気持ちの面で自分より強いなと。そういうことがあって、自分もどんなに苦しい状況が続いても、最後までもがいてやろうと。(今永からは)もう連絡は来ていると思います。今まで僕が投げた試合で連絡が来なかったことはないので……」