2016.05.03

「分類不能の強打者」山田哲人の恐ろしさを、ライバルたちが証言

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― これまでのキャリアの中で、似たタイプの選手はいましたか?

「右打者としては、最近ではいないタイプですよね。まず、トリプルスリー自体が久しぶりでしたし、松井稼頭央(現・楽天)はスイッチだったし、金本知憲さん、野村謙二郎さんは左打者。秋山幸二さんは右打者でしたけど、全盛期の頃はまだ子どもでしたので。山田は、最初の印象が結構曖昧なんです。初めて対戦したのが、彼のルーキーの年なのか、2年目なのか、3年目なのか……だんだんと印象に残ってきている感じです。たとえば、松井秀喜は最初から印象が強かったですけどね。それに比べると、山田は最初の印象が強くない。ただ、3年目ぐらいには長打も増えたし、飛距離も出てきた。タイプとしてはどうなんですかね……ホームランも打てるし、足も速い。打者のカテゴリーに当てはめるのが難しいですね」

高城俊人(DeNA/捕手)

「山田さんは、バッティング練習だとそんなに飛ばしたりしないんですよ。これがいざ試合になったら、ピッチャーの力を利用して打つ。そういうのを強く感じます。スイングはそこまで速いわけじゃないんですけど、ピッチャーの投げるボールに対してバットの入れ方がうまく、バットにボールが当たっている時間が長い。変化球にしても、外のスライダーを『バチーン』ではなく、『グググーッ』とうまく乗せて押し込む感じです。それを見ると、『うわっ、すごい』と思いますね」