2016.04.24

1球ごとにベンチで雄叫び。ホークス松田宣浩の「圧倒的熱量」

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Kyodo News

 松田の声は、ソフトバンクの大きな武器だ。工藤監督は言う。

「ホークスは、負けている展開でもベンチは常に元気があり、声を出してバッターを応援している」

 筆者自身、昨年まで仕事の関係で何度か試合中のダグアウトすぐ裏にいたことがある。試合展開を直接確認できない場所で、最も耳に突き刺さるのは松田の声だった。

「よっしゃー!!」

 ホームランでも打ったのか、と思えばただのファウル。とにかくバットを振れば声を上げ、ボールを選んでもそれを讃えて叫ぶ。つまり、1球1球、声を張り上げるのだ。-

 試合が終わる頃には声はガラガラ。しかし、本当に自宅で黙っているのかはともかく、翌日球場で会うとしっかり元に戻っているからチームメイトもいつも驚いている。

 そんな松田が、昨オフ海外FA権を行使し、メジャー移籍を公言した。しかし、熟慮の末に残留を決断。ソフトバンクにとっては最大の“補強”だったと言っていい。逆に言えば、もし松田がいなかったら、今年のパ・リーグの勢力図も変わっていただろう。

 今年も松田が一軍のベンチにいる。それがソフトバンクV3の必須条件となる。

関連記事