2016.04.20

菅野智之もリードに感謝。小林誠司は巨人の絶対的正捕手となれるか?

  • 深海正●文 text by Fukami Tadashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 小林は「覚悟しています」と姿勢を正し、言葉を続けた。

「10対9でも勝てればいい。とにかく負けないようにしたい。まだまだ覚えなきゃいけないことはたくさんある。一生、勉強です」

 今季の巨人投手陣は、先発を中心に若手が多く、小林が引っ張っていかないと覇権奪回は見えてこない。先のことを考えても、小林が成長し、正捕手にどっしりと座り続けることができれば、それだけ安定した戦いが長年にわたって計算できる。はたして、このまま順調に成長を続けることができるのか。巨人の将来は小林にかかっていると言っても過言ではない。

●プロ野球記事一覧>

関連記事