2016.04.06

「大谷翔平はチャップマン級だ!」。ライバルが語る、今季の二刀流

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 日本ハムの吉井理人ピッチングコーチは、昨年はソフトバンクのコーチとして、それ以前は解説者として大谷のピッチングを見てきた。

「今年こうやって大谷をチームの中から見ると、やらないといけないことがまだたくさんありますよね。ただ、本人もそれをわかっていると思います。以前、日本ハムのコーチをしていたときはダルビッシュ有(現・レンジャーズ)がいました。彼を見て感じたことは、自分のやるべきことに好奇心を持っているということで、そういう選手は伸びるんですよ。僕は大谷もそのタイプと見ています」

―― これからどこを伸ばしていきたいと考えていますか。

「すべてですね。言葉を換えれば、大谷にはまだまだ成長する器があるということです。ダルビッシュはすごいレベルにあるのですが、それ以上になってほしいですね。大谷の最大の武器は真っすぐの速さで、そこそこコントロールも持っている。自分の真っすぐが“すごい”ということをもっと自覚してくれたらいいと思います。今年の開幕戦でも、ロッテの涌井(秀章)のピッチングを見ていたら、ピッチャーはやっぱり真っすぐなんだと再認識させられました。大谷の本質はパワーピッチャーです。それを貫いてほしい。自分の才能に期待を持って、思い切り投げてもらいたい。若い選手の自信満々のプレーは見ていて気持ちがいいですからね。大谷だけでなく、今の若い投手はいい真っすぐを持っていても、ほかのところに走ってしまうことがあるので……」