2016.03.30

【根本陸夫伝】
頑なにダイエーの監督を拒む王貞治をくどき落とした男

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by Kyodo News

 94年10月12日、博多駅前のホテルで王の監督就任が正式に発表された。契約期間は5年と明かされ、球団も根本も、「どんなことがあっても5年は任せる」と決意した。そして、球団オーナーの中内功は「とにかく、優勝できるチームにしてくれ」と王に言った。根本もまた、「とにかく自分の思いどおりにやって、優勝できるチームにしてくれ」と言うだけで、野球のやり方など細かいことは言わなかった。そこは王自身、ずっと巨人で野球をしてきて、5年間の監督経験もあるがゆえの、根本の気遣いと受け止めていた。

(=敬称略)