2016.03.28

藤川球児「会話はなくても金本監督の言いたいことはわかる」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito寺崎敦●取材協力 cooperation by Terasaki Atsushi

中谷 若い捕手で気になる選手はいる?

藤川 そこは矢野さんに任せています。僕は誰と組んでも一緒です。ただ、若いキャッチャーはいいピッチャーと組まないといけないと思います。若いキャッチャーが若いピッチャーとバッテリーを組んで、ともに責任を負う必要はない。幸せなことに、僕の場合は年齢的に見てもすべて自分に責任がかかってきますから。

中谷 タイガースを強くするには、キャッチャーを育てる必要がある。それも球児の仕事なのかもしれない。

藤川 その自覚はあります。昨年まではどうしていたかわからないですけど、ただ、僕が「このキャッチャーがいい」と言ってはいけないと思います。それは二流選手が言うこと。やっぱり、選手を育てるという作業をしていかないと、チームは強くならないと思うんです。

中谷 ただ、自分の引き際だけを考えるのは寂しいからね。

藤川 自分が追い抜かれるというのは、正直、嫌なはずなんです。でも、若い選手にはどんどん追い抜いてもらって、行けるところまで伸びていってもらいたい。自分の立場を守ることはしないし、そうなれば僕は次のステージに行く。たとえば、もう1回、独立リーグでプレーするかもしれないし、仲間と草野球するかもしれない。今後については、ある程度決めている部分はあります。家族との時間を優先しながら、仲間と野球をしたいですね。