2016.03.27

藤川球児が語った「タテジマの誇りとタイガースへの想い」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito寺崎敦●取材協力 cooperation by Terasaki Atsushi

中谷 球児から「足りない」という言葉を聞くのは意外だった。

藤川 体のポテンシャルも全然違います。たとえば、ダルビッシュがあれだけ体を大きくしているということを考えてみても、パフォーマンスを出すための体が違う。なので、どうしても体を大きくすることに合わせたくなる。そうでないと勝てない。上原(浩治=レッドソックス)さんも身長180センチ後半ですし、僕の中で、メジャーで活躍するには185センチ以上ないと厳しいのかなというのはあります。ちなみに僕は184センチだった。周りはみんな185センチ以上のピッチャーばかり。

中谷 そんな球児が日本に帰ってきた。今まではすごいセットアッパー、クローザーの藤川球児だったけど、今回は先発投手。また違うスタートという感じがあるの?

藤川 ありますけど、結局は数字との戦いだと思います。防御率が1点台なのか、それとも2点台、3点台、4点台なのか。そういうところで評価される。もちろん失点はするでしょうし、三振の少ない試合もあると思う。だから圧倒的なピッチングを求めるかといえば、そうではない。これまでとは違うピッチングになるんじゃないかと……自分でも期待は大きいです。

中谷 楽しみやね。球児が一軍で投げ始めた頃を思い出す。先発としてマウンドに上がったけど、思うような成績は出せなかった。一軍初先発は2002年。その年の成績は1勝5敗、防御率3.71だった。