2016.03.21

ヤクルトに拾われた男・坂口智隆が連覇の使者となる!

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

 解説者の山﨑武司氏も、坂口の復活に大きな期待を寄せている。山﨑氏は現役時代にオリックスを戦力外となり、楽天に「拾われる」形で入団し、復活を果たした経験がある。

「坂口は雰囲気がちょっととっぽくて変わり者に見られるけど、野球に対してはすごく真摯ですからね。個人的にはまだまだやれる選手だと見ているし、オープン戦も順調で、いい意味で環境が変わったことで意気に感じて、復活してくれると思いますよ」

 そして山﨑氏は「拾われた」選手の心理について、こう話してくれた。

「野球ができる喜びを感じているだろうし、試合に出られるだけで気持ちが全然違うからね。オレの場合で言えば、もう自分勝手なことはできないと思ったし、チームのためになんとか貢献したいという純粋な気持ちが出てきた。やはり選手は、試合に出られることがすべてなんです。感謝の気持ちや、喜びの気持ちというのがより強くなりました。オレは悪党だったけど、そういう気持ちになったもん(笑)。干されて捨てられた人間を、拾って試合で使う。まあ、坂口はオレと違って悪いことはしてないですけどね(笑)。幸いオレは復活できたから言うんだけど、坂口にはそれができる実力がまだあります」

 沖縄・浦添キャンプでのこと。コーチたちが引き上げても、選手たちは居残りでマシンやスタッフ相手にバットを振り続けていた。坂口は鵜久森淳志と組んで練習を始めたのだが、その練習風景を見て、思わず「あっ」と声を出してしまった。ちなみに、鵜久森も昨年オフに日本ハムから戦力外を受け、ヤクルトに「拾われた」選手だ。