2016.03.20

【根本陸夫伝】
「巨人=絶対」という球界の構図を壊した男

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki
  • photo by Kyodo News

 一方、王の本塁打王を13年連続までで止め、75年に初タイトルを獲った田淵も、西武で根本に仕えたことで野球に対する姿勢が変わった。江夏と田淵──このかつての”黄金バッテリー”が84年の西武で一瞬復活し、ともに最晩年を迎えるという縁もあった。

「江夏は南海で野村さんに会って、野球人生が変わった。広島、日本ハムのリリーフで活躍したからね。田淵も、『根本さんと一緒にやって変わった』っていう話を聞いたことがある。ただ、僕が根本さんでよく覚えているのは、監督よりも編成のほうの仕事で、とにかく、なんていうのか、みんなが思いつかないような方法をとっていたこと。ドラフトという制度があるなかで、どういうふうな策を講じられるか、ものすごく知恵を絞った人でね。たとえば、秋山(幸二)をドラフト外で獲ったり、伊東(勤)も策を講じたひとりかな」

 熊本・八代高のエースだった秋山は、「大学進学予定」のため80年ドラフトで指名されなかった。しかし、ドラフト後に一転してプロ入りを決意すると、西武、巨人、広島、阪急(現・オリックス)が獲得に名乗りを上げる。そして最終的に、根本が徹底マークし、秋山を打者として高く評価した西武への入団が決まった。が、プロ志望届はまだない時代、「進学予定」という裏技を使う余地はあった。

 熊本工高の主砲で捕手だった伊東は、秋山と同期にして同郷。80年夏の熊本県大会決勝で秋山がエースの八代高を破り、甲子園では強肩・強打で注目を浴びた。当然のようにドラフトの目玉となったが、この時、伊東は熊本工高定時制の3年生。卒業までに1年を残しているため、ドラフト指名対象選手にはならなかった。中退して指名を待つこともできたが、伊東本人も家族も将来を考えて高校卒業にこだわった。

深見安博