2016.02.25

じつは守備の名手。巨人・亀井善行がスローイングを熱く語る

  • 寺崎敦●文 text by Atsushi Terasaki
  • photo by Kyodo News

── 今季は外野手の層も厚くなり、熾烈な競争が予想されます。亀井選手といえば、4番を任されるなど勝負強いバッティングが注目されがちですが、以前、野球解説者の立浪和義さんが、「亀井選手は守備がすばらしい」と絶賛していたことがありました。

「本当ですか!? それはうれしいですね!」

── 内野手では、引退された宮本慎也さん(元ヤクルト)、金子誠さん(元日本ハム)。そして外野手では、現役の亀井選手のスローイングがすばらしいとのご意見でした。

「高校時代は投手だったので、ある程度のコントロールはあったと思います。肩も強かったほうです。でも、報道のみなさんはバッティングばかりに注目して......。言われてみれば、守備の部分であまり評価されることがなかったですね。じつは僕、守備は誰にも負けていないと思いますよ(笑)」

── 外野のポジションをすべて守り、内野もショート以外すべて経験していることも評価されていました。
 
「これまでケガが多かったのは事実ですが、投げることに関して肘や肩を壊したことは一度もありません。それが、どのポジションでもバランスのいい投げ方につながっていると思うのです。特に遠投のコントロールにはすごく自信を持っています。ですから、(立浪さんに)そこを見てもらっているのは非常にありがたいですね。"外野からストライクを投げろ!"と言われたら投げられますよ」

── 確かに亀井選手の暴投は今までほとんど見たことがありません。

「多少はありますけどね(笑)。ワンバウンドでのコントロールは、芝の状態や深さ、土の固さなど色々あるので、それを計算して投げます。たまにツーバウンドしてしまって球がそれることはありますけど、高い確率でストライクを投げる自信はありますね。バッティングもこれくらい確実だといいなと思うほどです(笑)」