2016.02.23

阪神・岩田稔、いらん子扱いから「アイツやりよる」と思わせたい

  • 岡部充代●文 text by Okabe Mitsuyo
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 「オールスターに出たい」とか「タイトルを獲りたい」といったことも、はっきり口にしていますよね。選手から何かを発信してもらえると、ファンにとっては楽しみが増えると思います。

「言わないと伝わらないこともいっぱいありますからね」

―― 自分の言葉の向こうにファンがいるというのは意識していますか。

「意識というか、隠していたら面白くないんでね。こういう世界に入ったからには楽しくやりたいと思っています」

―― はっきり言うことで自分にプレッシャーをかけているわけではない?

「プレッシャーとかは全然ないですよ。楽しかったらそれでいいです」

―― そこを目指している自分も楽しい?

「楽しいです」

―― どのタイトルがいちばんほしいですか。

「勝率がいいってことは負けないってことですよね。いちばん縁のない、そういうところを狙っていきたいです。今まで1点で抑えても負けがつくこととか結構あったんで。このタイトルを獲れたら『してやったり』みたいな感じじゃないですか。言ったことを結果で示す。そういうことをやってみたいです」

―― これまでの10年間はそれができなかった?

「首脳陣の評価をひっくり返したいとか、そういうのはありましたね。最初は“いらん子”扱いされていたのが、“頼む”みたいになったときは、めっちゃ気持ちよかったですよ」