2016.02.17

真中監督が秘める自信「ヤクルト黄金期到来の可能性を感じる」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 昨シーズン、固定できなかった「1番・センター」のポジションにうまくはまってくれれば大きな戦力となります。

「彼らがポジションを争うことで、チームにいい影響をもたらしてくれると期待しています。それで得点ができないようであれば、雄平をセンターに回して、ライトに新加入の鵜久森淳志(前・日本ハム)であったり、荒木(貴裕)、田中(浩康)という打撃に重きを置いた選択肢もある。正直、去年と比較すれば選手起用の幅が少しはあるので、いろいろな可能性を考えながらやりたいですね」

―― 投手陣は、昨年、試合終盤を守り続けてくれたロマンとバーネットが退団しました。

「去年のバーネットは絶対的でしたからね。抑え候補は2年目のオンドルセクが有力ですが、決定ではありません。ただ、新外国人のデイビーズ、ペレス、ルーキらにバーネットの代役を求めるのは厳しいですし……。デイビーズは先発候補ですので、ペレスかルーキのどちらかが8回、もしくは9回を投げてくれると助かりますが、それよりまず中継ぎの枚数が足りないですよね。正直、先発候補の石山(泰稚)や杉浦(稔大)、新垣(渚)の誰かが回らないと、リリーフはちょっと厳しいと思っています」

―― 石山投手はリリーフの経験もありますし、昨年の日本シリーズでも中継ぎで登板し、力強いピッチングを見せてくれました。

「ただ、石山を最初から中継ぎとして調整させるのは難しい。館山(昌平)のふくらはぎの状態もありますし、先発の誰かが故障すると枚数が足りなくなりますし、困ったことになります。今はそういうことも含め『選手がいちばん機能しやすいポジションで』と考えている状況です。先発に関しては、ベテランの石川(雅規)を含め、完投までは望みませんが、6回から7回、8回まで投げてくれるとベンチとしては助かります。去年は秋吉(亮)をはじめ、中継ぎにかなり負担をかけてしまったので……」