2016.02.17

真中監督が秘める自信「ヤクルト黄金期到来の可能性を感じる」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 今年の戦力についてお聞きします。去年は「攻撃的2番」として起用された川端慎吾選手が首位打者を獲得しました。今シーズンは他の球団も「攻撃的2番」を打ち出しており、トレンドになっている感もあります。

「そうですね(笑)。現状では川端が適任だと思いますが、他のポジションに入る選手との関係性によっては打順も変わってくるでしょう。去年は2番の川端、3番の山田(哲人)、4番の畠山(和洋)がうまく機能しましたが、そのオーダーで固定しようという考えはありません。1番に川端を置いて、2番にもっと足の速い選手が入ったら、そっちの方が面白いと思いませんか」

―― 山田選手を再び1番で起用することは考えておられますか。

「打順は、チーム状況を見て柔軟に考えていくつもりですが、現状、山田の1番は考えづらい......。やっぱり3番になりますかね。4番については、バレンティンと畠山で争うイメージですね。バレンティンは順調で、特打をするなど張り切っています。畠山に関しては、腰の状態がどこまで回復するかですね。現時点で打順はまだ決めていません」

―― オフにオリックスを退団した坂口智隆外野手を獲得しました。

「坂口はしっかり仕上げてきてくれました。もの凄く楽しみにしています。去年、センターのポジションを争った上田(剛史)や比屋根(渉)も黙っていないだろうし、新人の山崎晃大朗も面白い。山崎は足が速く、守備もいいし、スイングも強い。開幕から出場するかは別として、将来が楽しみな選手です」