2016.02.12

かつての甲子園スター、阪神の北條史也は再び聖地で輝けるか?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 一方で、守備面については評価が上昇している。昨年の秋季キャンプから北條を指導しているのは、久慈照嘉コーチだ。

「捕る、投げるといったトータルの能力は安定しています。それと、北條はとても前向きな性格。そこに伸びる可能性を感じています」

 ノックを受ける北條を見ていると、地面を弾むような軽やかな動きが目についた。そして、捕ってから投げるまでの動作が速い。自分の体より右側の打球を捕球した後も、右足で踏ん張ってから投げるのではなく、全身の弾力をうまく使って即座に強い送球ができる。時折、平凡なゴロを弾くなど堅実さは乏しいものの、面白い動きをするショートになりつつある。

 久慈コーチは言う。

「北條には『ショートは足を止めるな』と言っています。打球に対してセカンドは受身になることが多いんだけど、ショートはフットワークを使って自分から捕りにいかないといけない。この動きをキャンプでやり続けていきます」

 北條本人は自身の守備のことを「まだまだ」と自己診断する。

「練習と試合とでは、また違うので。使ってもらうためには、試合のなかでいかにミスを減らせるかだと思います」

 使ってもらうため――。ショートとして起用されるためには、鳥谷敬という高い壁を越えなければならない。

 キャンプの練習後、室内練習場で北條に対して親身にアドバイスを送る鳥谷の姿があった。まだ「ライバル」といえるような対等な関係ではない。だが、いつかきっと……。北條も密かに野心を燃やしている。

「すごい壁ですけど、勝負しないといけないです」