2016.02.12

かつての甲子園スター、阪神の北條史也は再び聖地で輝けるか?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 打撃面を指導する、片岡篤史コーチは言う。

「守備が良くなってきたので、あとはバッティングが上がってくれば鳥谷を脅かせる存在になるでしょう」

 宜野座キャンプでの北條の打撃練習を見ていると、ボールを呼び込んで右方向に打つ動作を繰り返していた。阪神の打撃練習は、まず「逆方向」を意識して打つことがチーム方針になっているが、それにしても北條の右方向への強い意識は異彩を放った。

 だが、その右方向への打球には、「強さ」が感じられなかった。ボールを押し込めず、「右方向に打った」というより、「右方向に飛んだ」という打球が多い。むしろセンターからレフト方向への打球のほうが、バットがスムーズに出て、打球にも勢いがあった。片岡コーチは、北條の欠点をこう見ている。

「高校時代はホームランバッターだったので、バットが少し外回りして出るクセがあります。内から出せるようになれば、もっとバットのヘッドを使えるようになるはずです」

 片岡コーチの「ホームランバッターだった」という過去形の言葉に、北條の現状が透けて見える。昨季、ファームで10本塁打を放ってはいるが、打撃練習を見てもチーム内に北條よりも飛ばせる選手はたくさんいる。首脳陣から求められている打者像は、「広角に強い打球を打てること」。その点は北條自身も自覚している。

「右に強い打球を打てるようにならないと……。もっと強く叩けるように練習しているところです」