2016.02.11

育成出身のDeNA砂田毅樹が見せる「ギラギラしたプロ意識」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 集団で自主トレをすることを否定するわけではない。だが、あえてひとりで自主トレをするという決断には、砂田のプロとしての覚悟が滲んでいた。

「人と一緒にやるのもいいんですけど、いずれひとりでやらなきゃいけなくなっていくじゃないですか。人に頼りっぱなしだと、自分でやろうと思ったときにどうしていいかわからなくなってしまう。ピッチャーって、マウンドでは常にひとり。だから自分ひとりで取り組んで、今後につなげていければいいなと」

 具体的に取り組んだのは、昨季「スタミナ不足」と言われた課題の克服だ。昨季の砂田は先発して試合をつくることができても、5回前後で降板することが多かった。「体力がない」という見方をされることもあったが、砂田の考えは違う。

「スタミナがないのではなくて、体の使い方に問題があるのだと思います。フォームが大きすぎる。疲れてくると、より体を大きく動かしたがるので、コンパクトにパワーを出力できるようなフォームをつくるのが目標。そこで自分の体をどう使うか、キレを重視したトレーニングをしてきました」

 そして迎えた沖縄・宜野湾でのキャンプ。砂田はブルペンで順調にキレ味鋭いボールを投げ込んでいる。今季のドラフト1位左腕・今永昇太は、ブルペンで見た砂田のピッチングに驚きを隠さなかった。

「想像していた以上にすごかったです。大学生だったら、今年で3年生の年齢ですよね? もし自分の2学年下にこんなピッチャーがいたら……。そう思うと、やっぱりプロのレベルは高いなと感じます。同じ左ピッチャーとして、キレ、コントロール、今のままではすべてで負けている気がしました」