2016.02.05

脇谷亮太が語る巨人復帰。由伸監督への思いと「ひちょり精神」

  • 寺崎敦●文 text by Atsushi Terasaki
  • photo by Kyodo News

──脇谷選手ご自身は、昨シーズン終了後に今の状況を予想していましたか?

 まったくしていなかったです。確かに国内FA権を取得したということはありましたが、移籍は想像もしていませんでした。昨年9月にケガもしましたし、もう一度やってやろうという気持ちだけで、まさか古巣に戻ることになるとは......。本当に思っていなかったですね。

──それが急転直下、FA権を行使しての巨人入りとなりました。その理由は、先輩である高橋由伸氏が現役を引退して、巨人の新監督に就任したことが大きかったのでしょうか?

 はい。僕がジャイアンツに舞い戻った理由の半分以上は、そこにあると思います。いや、100%そこに尽きるかな(笑)。由伸監督には、僕が巨人に入団したときからお世話になってきましたから。またどこかで同じユニフォームを着たいという思いはありました。
 
 監督自身も、まだ選手としてやれるという思いはあったはずですが、引き受けた以上は強い信念をもって監督をされるはずですので、その中で僕が少しでも力になれたら......。今年1年はすごい年というか、球団にとっても大事な年になると思いますけど、みんな、いつになく目の色を変えて自主トレから取り組んでいた印象があります。

──チーム全体に、新監督のためにという意識があるのでしょうね。

 はい。もうひとつ由伸監督に関して語りたいのですが、いいですか? 監督は、社交的な一面があって、食事に行こうと誘われたとき、「ほかに誰か誘いますか?」と尋ねると、「行きたいやつがいれば、何人でも連れてこい!」と言われました。現役時代の打撃同様、とても豪快な人なんです(笑)。