2016.02.01

12球団キャンプ入り。見どころは監督たちの「穴埋め策」だ

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

 日本ハムも近藤健介という打てる選手がいますが、昨年も本職の捕手ではなくDHでの起用がほとんどでした。森、近藤を捕手として育てるのか、それともバッティングを最優先して他のポジションで使うのか、注目したいところです。

 阪神も打撃に定評のある梅野を起用するのか、ベテランの鶴岡一成でいくのか、それともドラフト2位ルーキーの坂本誠志郎なのか。金本監督が誰を選ぶのか楽しみなところです。

 そして巨人は阿部慎之助を捕手に復帰させるという話が持ち上がっています。その意図はどこにあるのかを、キャンプ、オープン戦を通して見ていきたいと思います。

 この他にも、新外国人の実力や急成長している若手など、キャンプの見どころはいっぱいあります。今年1年のチームの土台を作るのがキャンプですので、とにかくファンにとっては心踊る期間でしょう。ひと足早く、球春到来を楽しんでいただきたいですね。

プロ野球記事一覧>

関連記事