2016.02.01

12球団キャンプ入り。見どころは監督たちの「穴埋め策」だ

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

 また、それぞれのチームの監督がオフに抜けた戦力の穴をどう埋めようとしているのかを見るのも、キャンプならではの楽しみ方のひとつだと思います。それを見れば、監督の目指しているものやチームの方針が見えてきますからね。

 そういう意味で、今年は今江敏晃(楽天に移籍)とルイス・クルーズ(巨人に移籍)という内野の主力がそろって抜けたロッテには大注目です。伊東勤監督がふたりの穴をどう埋めていくのか見てみたいですね。

 たとえば、今江と同じようなタイプの選手を起用するのか。それとも足の速い小技の利く選手にするのか。特にロッテは、平沢大河というスーパールーキーが加わりました。彼を1年目から大抜擢するのかどうかにも注目です。当然、「平沢に負けられない」と先輩たちの目の色も変わるだろうし、いい競争が繰り広げられそうです。

 あと、逆の意味で巨人の内野手争いも興味深いですよね。クルーズが加わり、西武から脇谷亮太をFAで獲得しました。それに新外国人のギャレット・ジョーンズも外野の選手ですが、ファーストも守らせるという話もあります。巨人らしいというか、余剰戦力過剰になりつつあります(笑)。これを高橋監督がどう整理し、起用していくのか。手腕が問われますね。

 それと、私は捕手出身ですので、やはり各チームの正捕手争いは気になりますね。ここ数年、正捕手を固定できないチームが多く、捕手受難の時代でもあります。

 西武にしても炭谷銀仁朗という捕手がいながら、森友哉を捕手で使うという話です。”打てる捕手”を育てたいという思いは、どのチームもあると思うんです。でも、それが難しい(笑)。