2016.01.23

谷繁元信監督がキッパリ断言。「今年のドラゴンズは面白くなる」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva寺崎敦●取材協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 小池義弘、五十嵐和博●写真 photo by Koike Yoshihiro、Igarashi Kazuhiro

谷繁 秋のキャンプはとにかく基礎、基本を徹底的にやりました。コーチにも徹底的にやってくれと頼みましたが、基礎や基本というものは、この1カ月半で終わりじゃない。継続していきつつ、技術をつけていかなければならないものですからね。

野村 今は技術を持っている選手は多いけど、簡単に調子を落としてしまうのは結局、体力がないからだろうね。それに、練習の効率がよくなりすぎていることもあるだろうね。僕らの時代は、なんでこんなことをやっていたんだろう......という無駄なことばっかり(笑)。でもそれが、どこかで役に立っていたんだろうなということは今になって感じるよね。

谷繁 どこかで身になっているんですよね。今はトレーニングも近代化して、効率のよさがいいトレーニングと思われている向きがあります。でもこれは僕の経験に基づいた個人的な考え方ですけど、効率がいい近代的なトレーニングも、基礎、基本になる体があってこそです。そこを作るには原始的なトレーニングが一番身につくと思っています。僕も若い頃、うさぎ跳びなどの原始的な練習を死ぬほどやらされてきました。そのおかげで膝をケガしてダメになったというなら分かりますけど、でも、この年まで元気に現役をやってこられたわけです。

野村 一番試合に出ている人の言葉だからね。なによりも説得力があるよ(笑)。