2016.01.22

谷繁元信が今だから語る「プレーイングマネージャーの苦しさ」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva 寺崎敦●取材協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 小池義弘、五十嵐和博●写真 photo by Koike Yoshihiro、Igarashi Kazuhiro

昨年限りで現役を引退し、今季から専任監督として中日の指揮を執る谷繁元信

谷繁 5割ぐらいだろうと思っていたからこれは驚きましたし、嬉しかったですね。

野村 シゲは勝つことに誰よりもこだわっていたからね。

谷繁 だって、勝たないと野球をやってもつまんないでしょ。自分が打ったところで試合に負けたら何にもならない。これは僕の考えですが、勝敗でチームが評価される以上、勝たないことには意味がない。最下位のチームでいくら4割打ったって、僕は意味がないと思いますからね。

野村 そういう意味では勝ちにこだわりながら、世代交代を進めていかなければいけないという昨シーズンはすごく難しかったと思うけど。

谷繁 はい。新旧交代がうまくいきそうでいかない。すべてにおいて中途半端な年だったと思いますね。

野村 前も言ったことあるけど、ベテラン、若手関係なく、いい選手を使っていくのが大前提。でもベテランには故障があるし、チームは未来を見据えて若返りを図らなきゃならない。そういった制約の中で戦っていたんだから、使い方も含めて苦心しただろうね。

谷繁 いろんなことを見極めようと見ていました。だけど、若い選手が「あ、良くなってきたな」と思ってちょっと使い続けると、やっぱりダメになっていく。それの繰り返しでしたね。レギュラーになる人ってポンと出てくるんですよ。それがなかなか出てこなかった。

野村 野手で言うと、亀澤(恭平)とか遠藤(一星)なんてイキのいい若手も出てきたね。

谷繁 まだまだですよ。遠藤をショートに入れた時に少し落ち着いて試合ができるようになったんですよね。内野の回りが良くなったというか。でも遠藤がケガをしたら、またバラけてしまいましたからね。