2016.01.14

【12球団分析・DeNA編】正捕手争いを制するのは誰だ?

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 それよりも昨年悔しい思いをした選手たちが個々にレベルアップし、チームとして戦う集団になれるのかどうかがポイントになる。筒香嘉智、梶谷隆幸の主力に続いて、関根大気、乙坂智らの若手も力をつけてきている。投手陣も山﨑を筆頭に、砂田毅樹、石田健大と昨年経験を積んだ若手がどこまで成長するかも楽しみだ。

 指揮官として初めてのシーズンを迎えるラミレス監督。戦力は決して厚くないが、逆に考えれば若い選手や埋もれた戦力を見出す慧眼(けいがん)に期待したい。早くも開幕投手に山口俊を指名したり、投手陣のキーマンとして国吉佑樹や三嶋一輝の名前を挙げたりしてファンを驚かせている。常にポジティブなラミレス監督の存在そのものが“最大の補強”になるのかもしれない。ラミレス新監督のもと、チームがどのように変わっていくのか注目したい。

プロ野球12球団、2016年の戦力分析>>


プロ野球記事一覧>

関連記事