2016.01.02

ラミレス監督が語る「DeNAの優勝プランと2番・梶谷に込める思い」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva寺崎敦●協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

――「バッテリーがキーになる」というお話をされていましたが、特に昨年はキャッチャーが捕逸(パスボール)の日本記録を作ってしまうなど、立て直しが急務です。

「そうですね。事実は決して忘れることはできないと思いますし、忘れるべきではないと思います。なぜなら、その事実があることで、より良くしていけるからです。そして、うちのキャッチャー陣は数字ほど悪いとは思っていませんし、新しく光山(英和)さんという優秀なバッテリーコーチが入りました。今年、僕の目的であり、チームの命題はレギュラーのキャッチャーを作ることです。秋も一生懸命練習していましたが、新人の戸柱(恭孝)を含め今は横一戦。春のキャンプ初日から『ヨーイドン』で競争してもらい、シーズン中は毎日マスクを被るレギュラーと、バックアップの2人体制でいく予定です。やはり、センターラインを固定させることが重要だと考えています」

―― 昨年はセンターラインも固定できませんでした。今季はどのようになるとお考えですか?

「はい。セカンドは石川。ショートは白崎、倉本、柴田(竜拓)、山崎(憲晴)で競争してもらうことになるかと思うんですけれども。センターは梶谷で固定します」

―― 梶谷は打順も2番に入れる予定だと聞きましたが、そうなるとラミレス監督の野球の輪郭がなんとなく見えてきたような気がします。

「はい。梶谷を2番で使うことは早い段階で決めています。やはりベイスターズのチームとしての魅力は積極性。早い回でバントを使うようなことは考えていません。若い選手が多いなか、塁上でも次の塁を狙うような積極的な野球ができるチームにしていきたいと考えています」