2016.01.01

ラミレス新監督「就任秘話とベイスターズ改革のスゴいプレゼン」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva寺崎敦●協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

―― チームに来た時に「ベイスターズを優勝させるために来た」とおっしゃっていましたが、選手としてそれができなくなったとしても、自分の役割を最後まで果たそうとしていたのですね。

「自分の中ではまだ現役としてできるとは思っていたんですけれども、ただ、以前と同じような結果を残し続けるのはちょっと厳しいかなというふうなことを思い始めた時期でもありました。その時に自分はこのチームにどんな貢献ができるか。当時は、次世代を担う若手を育てていく時間でしたからね。二軍には一軍から落ちてきたカジ(梶谷)や、山口俊。ルーキーの白崎(浩之)にピッチャーでは国吉(佑樹)、三嶋(一輝)などがいて、ともに時間を過ごすことができました。また、当時二軍の投手コーチだった木塚(敦志)さんの指導は本当に素晴らしく、いつか自分が監督になったら必ず来てもらいたいと考えていました」

―― 今回の就任が決まって、当時のメンバーは喜んでくれたのではないですか?

「喜んでくれている……というふうに信じたいです(笑)。監督に就任して、彼らと再会した時には『ラミちゃんを男にするために戦っていく』と、実際に口にしてくれた選手もいました。特に石川雄洋は、FA権を取得して決断する大事な時期に突き詰めて話をし、僕の思いに応えて残る決断をしてくれたので、本当に感謝しています。また、三浦(大輔)さんとも長い時間をかけて話すことができました。僕自身、三浦さんはベイスターズの非常に大きな柱、存在だと思っています。今、三浦さんの置かれている年齢と状況は、僕も選手時代に経験したものです。三浦さんはまだ『投げられる』、そして『投げたい』とおっしゃっています。自分が監督でいる以上、三浦さんには自分と同じ“あのジャケット”を着てほしいと思っています」

(後編に続く)

関連記事