2015.11.22

メジャースカウト直撃。侍ジャパン「ほしい選手、いらない選手」

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • photo by Getty Images

 ただ、野手陣もまったくノーマークというわけではない。近年、日本人野手(とりわけ内野手)がほとんど活躍を見せていない状況を鑑(かんが)みれば、「思ったよりも意外と関心は高いな」という印象だ。

 スカウトB氏はこの大会を通して筒香嘉智(横浜DeNA)に興味を持ったようで、「メジャークラスの身体つきだし、大きな当たりを打てるのが魅力。その一方で、状況に応じたヒッティングもできるのがいい」と語り、今後さらに注視していくとのことだった。

 筒香同様に今大会好調だった中田翔(日本ハム)もやはり彼らの目を引いている。スカウトA氏は、この右の大砲も十分メジャーでプレーできる可能性があるという。

「中田は日本で唯一、メジャーの選手のように豪快にバットを振れる。それに、彼を見ていると、日本でのプレーに満たされておらず、新たなチャレンジを欲しているように見受けられた」

 また、今オフのメジャー移籍を狙う松田宣浩(ソフトバンク)については、内野手ということで活躍に懐疑的な目を向けられているが、スカウトA氏は「彼はプラトーンプレーヤー(レギュラーではないが状況によって起用されるタイプの選手)としてなら出場機会を得られるのではないか」と言う。

 一方で驚かされたのが、山田哲人(ヤクルト)に対する評価の低さだ。スカウトB氏に、今季同じく”トリプルスリー”を達成した柳田悠岐(ソフトバンク)と比べてどうかと問うと、間髪を入れずに「柳田だ」と答えた。