2015.11.17

実は「人間観察」の名人。ラミレス新監督はDeNAを変えるか?

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by ©YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

 日本野球を熟知し、現役時代は新外国人選手の相談役となり適切なアドバイスを送ってきたラミレス監督の言葉に素直に耳を傾けることができれば、面白い存在になる可能性は高い。

 ここから新戦力が何人加わるか分からないが、来春のキャンプを通して、ラミレス監督独自のビジョンが構築されていくのだろう。

 近年のプロ野球界を見渡すと色々なタイプの監督がいるが、選手の個性を無視し“采配する”ことだけに固執してしまう指揮官より、ソフトバンクの工藤公康監督やヤクルトの真中満監督のように、采配以前にまず選手の能力を十分に発揮させることに主眼を置いた指揮の方が、結果が出やすい傾向にある。

 そういう意味では、先の石川の打撃へのアドバイスのように選手の個性を見極めることに長けているラミレス監督への期待値は高い。また現役時代のラミレス監督を知る選手たちからは「パフォーマンスとか明るい部分がクローズアップされるけど、こと野球となるとシリアスで厳しい」という意見もある。

 奄美の秋季キャンプではノート片手に野手、投手隔たりなくキメの細かい指導をしている姿から、緻密な野球をすることも想像できる。

 引退の際、「いつか日本で監督になりたい」というラミレス監督自身の夢は叶えた。次はぜひファンの夢を叶えてもらいたい。


野球 の記事一覧>

関連記事