2015.11.13

【トライアウト外伝】流浪の左腕、正田樹がプレーをやめない理由

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Nikkan sports

 今年からトライアウトのレギュレーションに変更があり、昨年までカウント1-1から打者と対戦する形式だったのが、0-0からの勝負に。正田は3人の打者を相手に投手ゴロ、空振り三振、見逃し三振と安打を許さず、アピールに成功した。かつての制球難はなりを潜め、大きく曲がるスライダーとフォークが光っていた。

「空振り三振にとったボールはフォークで、今季の後期リーグから投げ出したボールです。年齢を重ねたこともあって、以前に比べれば腕を下げて投げているんですけど、今のフォームだったらフォークが有効に使えるんじゃないかと思って。実際、シーズン中は三振が増えて、手応えを感じていました。僕自身、3回目のトライアウトですが、一番いいアピールができたと思います」

 今年のドラフト(育成含む)では四国アイランドリーグから6選手が指名されたことでも明らかなように、プロスカウトの注目度は年々高まっている。

 正田は言う。

「NPBの球団と実力差がないといえば言い過ぎですけど、何かのきっかけで才能が花開くような選手がたくさんいますし、独立リーグでも頑張ればNPBへの道が開けていくと信じて、みんな野球をやっています。意識の高い選手が多く、僕はそういう若手の見本になれればと思っています」

 トライアウトを野球人生の区切りと考えて参加する選手も多いが、たとえNPBから声がかからなくても、正田は引退を決断するつもりはない。

「いろいろな球団を渡り歩く中で、台湾や(BCリーグの)新潟で一緒だった高津臣吾さんなど、偉大な先輩の背中を見てきました。僕もベテランと呼ばれるような年齢になりましたけど、将来、指導者を志す上でも、1年でも長く野球を続けたい」

 正田樹の流浪の野球人生はまだまだ続く。

野球 の記事一覧>

関連記事