2015.10.24

「あの屈辱はシリーズで晴らす」。小川泰弘、リベンジの誓い

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「小川は日本シリーズで投げるのは1試合しかない可能性もあるので、目の前の戦いに全力を注ぎたいですね。小川もあの時とは違います。あれから一緒にやってきて、シーズン終盤の緊迫した試合を経験して自信がつきました。終盤の勢いをもってすれば、勝機は見出せると思っています。実際、CS(クライマックス・シリーズ)ファイナルで、シーズンと同じ戦いをすれば勝てるということが証明できました。なんとかソフトバンクを倒したいですね」(中村)

「あれからだいぶ月日が経過していますからね。自分も相手も変わっていると思います。日本シリーズではクリーンアップも気になるけど、どこに投げればどういう結果になるのかというイメージを持ってピッチングをしたいと思います。今の自分の力を信じて、シーズン終盤にやってきたことをやりたい」(小川)

 そして小川に「対戦に向けて、気持ちの昂ぶりはありますか」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「気持ちの昂ぶりはないです。もちろん、すごく厳しい試合になることは間違いないのですが、昂ぶっても仕方がないので……。ただ、厳しい場面に直面した時、強い気持ちは出していきたいと思っています。今はそれに向かって準備するだけです。僕たちは失うものはなにもない。挑戦者の気持ちで戦うだけです。でも、セ・リーグの代表であるので、シーズンと同様、勝ちを目指します」

 日本シリーズという大舞台で、小川と中村のバッテリーはソフトバンクにリベンジを果たせるのだろうか。

関連記事