2015.10.14

往年の名選手と2ショットも! いま人気のOBイベントに潜入

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文・写真 text & photo Hasegawa Shoichi

80年代、絶大なる人気を誇った西崎幸広氏(左) 
 30分間の解説を聞いた後はいったん解散。そして、試合後に再集合してグラウンドで西崎氏とともに2ショット撮影サービス。感激のあまり涙ぐむオバサンの姿もあった。試合前と試合後、一度で2回楽しめるいいイベントだった。


<ロッテ>
 ロッテを代表するOBとしては、昨年現役を引退したばかりで、まさに旬の里崎智也SA(スペシャル・アドバイザー)による「生解説」が人気。これはファン参加型イベントではなく、パ・リーグTVとUstreamの専用チャンネルで、ファンからの質問に里崎氏が答える形式。ぜひ、来季は球場でファンと対面式で行なってほしい。

 さらに、他球団と同様「マリーンズ・ベースボール・アカデミー」と銘打たれた野球スクールも運営中。講師陣は武藤一邦、高橋薫、杉山俊介、長崎伸一、塀内久雄各氏。そして、伝説の10・19のホームランが忘れられない高沢秀昭氏が並ぶ。


<西武>
 西武も積極的にOBを活用している。「サラリーマンナイト」では、小関竜也氏、高木大成氏から野球の指導を受けたこともあるし、鈴木健氏や、石毛宏典氏らによる試合前のトークイベントを観覧したこともある。現役時代の話を聞くのも楽しいし、「あの人、ずいぶん老けたなぁ」とか「太ったなぁ」とか「はげたなぁ」とか、好き勝手な感想を抱くのも楽しい。……スミマセン。

 西武のスクールは「ライオンズアカデミー」と題して、岡村隆則、星野智樹、高山久、平尾博嗣、石井丈裕の各氏がコーチを務める。石井氏と言えば92年、ヤクルトとの日本シリーズ。第7戦のマウンドで見事なピッチングを披露したことが思い出される。あの夕暮れの神宮球場に仁王立ちする石井氏の姿は神々しかった。懐かしいなぁ。