2015.10.05

驚異の成長力。大阪偕星学園・姫野優也を指名する球団は?

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 そしてボディビルダーのような肉体を持つ山本監督が惚れ込むのが、姫野の体だ。

「入ってきた時にパッと見て、骨格が違いました。筋肉も強くて柔らかい。これは両親に感謝ですけど、特に惚れ惚れするのが広背筋。ランニング姿をうしろから見た時に、右の広背筋の盛り上がりがすごくて、服を脱がしてみたら、まあ見事。投げるのも飛ばすのも、背筋が大事なんですけど、これだけの広背筋を持っている選手はなかなかいません」

 小学校時代に水泳でジュニアオリンピックの出場経験を持つが、生まれながらにして持っていた良質の筋肉や関節が、水泳をやることでさらに鍛えられ、今の体ができあがっていったのだろう。

 紆余曲折の経歴について、球団によっては野球に取り組む姿勢、内面を心配する向きもあるが、山本監督は一蹴する。

「子どもは失敗するもの。『去年よりも今を見てください』と言いたいです。去年チームを離れた時も、最後にはチームメイトから『姫野と一緒にやりたい』という声が上がり、戻ってきた。そんなことより、これから野球漬けの生活になって、トレーニングを積んでいけば“ス―パーな選手”になる可能性を持っています。上の世界の人には、そこをしっかり見てもらいたいです」

 おそらくドラフトでは下位指名になるだろうが、イチローや前田智徳、中島裕之のようにそこからスーパースターへと駆け上がった選手は数多くいる。これからの自分について、姫野は次のように語る。

「投げるのも好きですけど、これからはバッターでいきます。甲子園では勝負どころで打てなかったり、まだまだですけど、打つ方で伸びてきた感じがありますから。自分の中ではスッキリしています」