2015.09.29

中田翔発案!? たこ焼きとカレーライスの組み合わせは美味いのか

  • 長谷川晶一(12球団ファンクラブ評論家Ⓡ)●文・写真  text & photo by Hasegawa Shoichi

カレーライスにたこ焼きという斬新な組み合わせだが......
 さて、弁当以外の「ファイターズ絶品メニュー」に目を転じると、最もインパクトがあったのが、札幌ドーム2階売店で販売されていた中田翔の「翔のスラッガーカレー(980円)」だろう。

 なんと、カレーの中にたこ焼きが、背番号にちなんで6個も入っているのだ。おそるおそる口にしてみる。たこ焼きの上には、一応、マヨネーズがかけられているものの、カレーが勝っているためにマヨネーズ風味はほとんどない。……正直、微妙な味だった。カレー単体、たこ焼き単体で食べれば、きっとおいしいのだろう。両雄並び立たず。別々に食べた方が絶対によかった。とにかく、苦行のような満腹感、いや、膨満感で苦しかった。残念!


【ロッテ】
 ロッテの選手プロデュース弁当は「企画性」に富んだものが多かった。特におススメなのが「清田モ~打賞丼(700円)」だ。その日、清田が放った安打数に応じて、中身が変化するという面白い試みのドンブリ弁当で、清田が1安打目を放った段階で発売開始!
味付けの違う牛肉がのった「清田 モ~打賞丼(700円)」

 1安打目はごはん200グラム、コチュジャン風味とすき焼き風味の牛肉100グラムずつ。2安打目を放つと容器が大きくなり、ごはんは250グラムに増量され、牛肉2種100グラムずつ。そして、3安打目を放つとごはん300グラム、牛肉2種150グラムずつに大増量される。僕は2安打目に購入して、すっかり堪能させてもらった。2種類の味付けの牛肉はいずれもおいしいし、交互に食べることでまったく飽きがこない。